張リー・ポッチャリーと肌の秘宝~ホホバオイルの巻 第3幕~

美フェイス楽縁・らくえホホバオイル

張リー・ポッチャリーと肌の秘宝~ホホバオイルの巻 第3幕~

 

店主「第一回、ホホバオイル発売記念テストを行う。」

娘「筆記ですか、実技ですか。」

店主「口頭です。」

娘「それは面接ということですか。」

店主「一問一答です。っていうか早押し。」

娘「越後製菓……!」

店主「第一問。ホホバオイルの主成分の、」

娘「(ピンポンッ)ワックスエステル。」

店主「最後まで言わせてくれないの。」

娘「早押しの意味。」

店主「百人一首だってさ? ねえ! 最初の言葉が一緒の歌って多いんだよ?」

娘「まあ、そうだねぇ。君がため、まで一緒の歌もあるね。『なげ』まで一緒で、次の音が『き』か『け』か分かって、やっと確定できるとかね。」

店主「あなたは、その『君がため』までしか聞いてないのに、確証もないのに答えちゃったの! お手付きの可能性もあるのに!」

娘「何事においても、賭けに出る性分でして。」

店主「小さい頃から言ってるでしょう、なんでもかんでもすぐ口にしないって。」

娘「そんな人生への教訓が今必要ですか?」

・・・・・・  ・・・・・・  ・・・・・・  ・・・・・・

店主「ありがとう娘! ありがとう娘Ⅱ! 効率的な説教、十分すぎる肉付き、どうも、楽縁店主井浦です。」

娘「井浦ですけど……。」

店主「不摂生で不健康な不登校シスターズのみんな、自分から『賭け』に出ないと、正解は得られないと思ってない?」

娘「そういうわけでは……。」
娘②「なんでわたしまで……。」

店主「じゃあ質問です!」

娘「あれじゃねこれ……。」
娘②「これあれだ、ブル○ンち○みだ……。」

店主「あなたがたは、学校のテストでも、問題を最後まで読まずに解きますか?」

♪You know it ain’t no nine to five
We’re going sundown to sunrise

娘・娘②「ブ○ゾン・○えみのテーマだ……どっから流れてんだ……。」

店主「解かない………………………………読むの。」

娘「ばらまいた紙は自分で拾ってね。」

店主「永久凍土で正確なツッコミだ……。」

娘「あれ……この紙って問題用紙じゃん。」

店主「あ、そうだ。これもんだいようし。試験、はじめ!」

娘「うわ……。」

店主「私語は慎むように。」

後日。模範解答配布。